ロケ地のご紹介

  1. HOME >
  2. ロケ地のご紹介

三囲神社

三囲神社

三囲神社

弘法大師が祀ったという田中稲荷が始まりとされる。文和年間(1352〜56)に近江の三井寺の僧である源慶が社を改築した折、土中から白狐にまたがる老翁の像を発見。その像の周りをどこからともなくあらわれた白狐が、三度回って消えたという縁起から「三囲(みめぐり)」の名がつけられた。
三井家は江戸進出時に、その名にあやかって守護神とし、平成21年に旧三越池袋店からシンボルだった青銅製のライオン像が境内に移設された。

総数6件 1

総数6件 1